相続税の対象になるのはどの程度の相続額か

相続税の対象になるにはある一定以上の相続対象の財産があるのが前提です。
つまり、それに満たない相続には相続税は発生しません。
ではその金額というのはいくらになるのでしょうか。
まず、相続には基礎控除というものがあります。
まず基礎控除で3000万までが免れます。
そして、ここからが大事ですが、この3000万に法定相続人の人数かける600万円が基礎控除として控除されるのです。
つまり、配偶者と子供が2人とした場合、3000万+600万×3人ですから基礎控除は4800万円になります。
この4800万円を超えた金額に税金がかかってくるのです。
つまり、相続税で考えていかなければならないことは、相続財産がいくらあるのか、そして相続人数が何人いるのかを確定することです。
特に相続人数は隠し子がいたりする場合もあるため、被相続人の戸籍謄本を出生から死亡までを全て手に入れなければなりません。
大変な作業になるかもしれませんが、相続人の確定は非常に重要なことであり、言うまでもありませんが、基礎控除だけでなく相続財産の分割にも影響してくるものです。
はっきりとさせなければなりません。
また、この相続財産では相続する際に残っている負債も当然含まれますが、税金が課税されるのはプラスの財産だけでマイナスの財産である負債とは相殺されないことは誤解しないようにしましょう。
つまり、負債のほうが大きい場合には基本的に対象財産を相続放棄するのがよいでしょう。
どういう相続にしろ、財産調査と相続人の確定は非常に重要ですので、漏れのないように注意しましょう。